アルコール依存症って…薬物依存症って、どんな病気?

アルコール・薬物依存症は、ひとことで言うと、強烈な使用欲求が生じ、いったん使い出すと、とことんまで使ってしまう(飲んでしまう)病気です。

誤解 意志が弱いから、アルコールや薬物がやめられないんでしょ?

「意志」や「人格」の問題ではありません。病気だからやめられないのです。
依存症は、飲酒や薬物使用をコントロールできなくなる「病気」です。

アルコールが切れてくると、手のふるえやイライラ等、薬物の場合、発汗、けだるさ、妄想など不快で苦痛な離脱症状が出てきます。その状態が辛いので、アルコールや薬物を切ることができなくなってしまうのです。

誤解 仕事だってできてるから、依存症なんかじゃない!

依存症は進行性の病気です。すべての人が朝から使っている(飲んでいる)わけではありません。
病気の進行につれて、早く使いたくて(飲みたくて)仕事中でもソワソワするようになり、休日は朝から使い(飲み)、やがて仕事にも穴をあけるようになっていったりします。

誤解 特別な人の病気でしょ?

性別、職業、性格、意志などに関係なく、飲酒したり、薬物を使用した人であれば、誰でもなる可能性のある病気です。

誤解 また「普通の使い方(飲み方)」に戻れる?

この病気になると、上手に飲酒する、薬物使用することができない「体質」になってしまうのです。現在の医療では、もう一度「うまく使える・飲める」体に戻す方法はありません。

誤解 アルコールや薬物など、一人でやめられる!!

いままでアルコールや薬物をやめたいと思っていても、なかなか出来なかったのではありませんか?長年、薬物使用や飲酒を繰り返すことによって、本人だけでなく家族の人をも巻き込んでいく進行性の病気です。アルコールや薬物をやめていくには、専門医や自助グループの力を借りることが必要です。心身共に回復していくことが出来ます。

誤解 仕事を頑張る時しか使っていないから、大丈夫!

使用頻度が増えると、今までの量では身体が満足できない状態になっていく(耐性がつく)から、最終的には毎日使わずにはいられなくなる可能性があります。