治療プログラム

依存症は病気です。「もう酒は飲まない!」「薬物はつかわない」という気持ちや意志、根性だけでアルコールや薬物をやめ続けていくことはできません。まず依存症に対する誤解を解き、正しく対処することが大切なのです。

当クリニックでは、下記のような治療プログラムを設けています。

  午前 午後
10:30~11:30
小グループミーティング
12:00~14:00
ぼちぼち
  12:30~13:30
依存症講座
- -
10:30~11:30
女性ミーティング
12:30~13:30
初心者教室
10:30~11:30
(第1) 断酒会メッセージ
(第3) NAメッセージ   

(第2)10:15~11:15  
AAメッセージ

12:30~13:30
小グループミーティング
(第1・3・5) 初心者家族教室
(第2・4)   家族ミーティング
12:30~14:00
合同ミーティング


 

■プログラム内容

・ 小グループミーティング(月 10:30~11:30、金 12:30~13:30)

木曜は、初めて依存症治療を受けられる方が対象、金曜は再飲酒・再使用された方が対象となります。

少人数のグループの中で体験談を中心に語っていきます。また、「なぜ断酒・断薬しなければならないのか」「どのようにして依存症から回復していくのか」など様々な疑問をだしあい、回復の方向性を探ります。木曜は8回、金曜は6回出席されたら修了です。

・ ぼちぼち(月 12:00~14:00)

依存症本人を対象としたプログラムです。ぼちぼちテキストを使用し、ワークなどに取り組みながら依存症の理解を深めたり、仲間との分かち合いを行います。全12回程度の内容となっています。臨床心理士や看護師、精神保健福祉相談員などが担当します。

・ 依存症講座(火 12:30~13:30)

ご本人とご家族が対象です。
「依存症とはどんな病気なのか」をテーマに、心と体、生活に及ぼす影響についての講義をします。第1.3は辻本院長、第2.4.5は看護師、ソーシャルワーカー、栄養士、外部講師が担当します。

・ 女性ミーティング(木 10:30~11:30)

女性ご本人が対象です。依存症になる過程にも、回復していく過程にも女性同士にしかわからない部分があります。女性の仲間の中で体験を語り合いながら、回復を考えます。

・ 初心者教室(木  12:30~13:30)

「アルコール依存症を知る」をテキストとして使用し、通院初診者向けの講義を行います。看護師、精神保健福祉相談員が担当します。

・ 薬物ミーティング(第4金 10:30~11:30)

薬物依存症の方を中心とするテーマミーティングです。

・ 合同ミーティング(土 12:30~14:00)

ご本人とご家族が対象です。共に回復していく仲間の方々の体験談を聴き、また自分の体験を話すことで自己を見つめ直します。

・ 初心者家族教室(第1・3・5土 10:00~11:30)1回500円 全6回

ご家族が対象です。

アルコールや薬物をやめ続けて回復していくためには、ご家族も病気のことを知っていただき、正しい対応をしていくことが欠かせません。依存症についての講義を聴いていただき、どのように本人に関わっていけばいいのかを一緒に考えていきます。

・家族ミーティング(第2・4土 10:00~11:30)1回 500円

ご家族が対象です。依存症は「家族ぐるみの病気」といわれています。病気についての理解を深めながら、その病気にどう対応していけばよいかを考えると同時に、お互いの体験を語り合いながら、ご家族の方自身の回復をめざします。

・断酒会メッセージ(第1金 10:30~11:30)

断酒会についてまだ知らない方のために、断酒会会員の方が当院にて断酒会についての説明や質疑応答に答えてくださいます。

・AAメッセージ(第2金 10:15~11:15)

AAメンバーの方が当院にて、模擬ミーティングを行い、回復途中の方にAAについて知ってもらうとともに、仲間の方々がメッセージを運んでくださいます。

・NAメッセージ(第3金 10:30~11:30)

NAメンバーの方が当院にて、模擬ミーティングを行い、回復途中の方にNAについて知ってもらうとともに、仲間の方々がメッセージを運んでくださいます。